Sugiyama Clinic

Information

  • 所在地

浜松市中区布橋2丁目12-43
TEL 053-412-2552

  • News

*9月25日と9月26日は休診とさせていただきます
*10月よりインフルエンザワクチンの予約受付を開始いたします  

高血圧

高血圧の状態が続いていても、あまり強い症状を感じることはありませんが、この状態を放置していると、やがて全身にさまざまな障害が起こってきます。

最初に引き起こされる障害は動脈硬化です。高血圧によって動脈硬化が引き起こされると、血管の壁が厚くなり、血液の流れが悪くなってしまい、さらに高血圧がひどくなるという悪循環におちいってしまいます。

しかし、動脈硬化や高血圧が進行しても、やはり症状を感じにくいため、さらに障害が進み、さまざまな合併症につながることがあります。高血圧によって引き起こされる合併症は、命にかかわる重大なもの(心筋梗塞、脳出血、脳梗塞など)が多いため、高血圧は、「サイレント・キラー(沈黙の殺人者)」とも呼ばれています。

高血圧と診断された方や、血圧が高いため治療が必要と診断された方は、たとえ症状を感じなくても、動脈硬化やその他の合併症を予防するために、血圧を目標の範囲内に調節し続けることがとても大切です。

血圧の治療は、リスクの程度に応じて治療計画を立ててすすめていきます。治療は、生活習慣の修正と、薬物療法を組み合わせて行います。 生活習慣の修正とは、肥満、塩分のとり過ぎ、運動不足、喫煙などの生活習慣を見直し、高血圧の重症度を進行させないためのものです。生活習慣の修正だけでは血圧が下がらない場合、薬物療法を併用します。

高血圧の基準値は定められていますが、患者さんの年齢やあわせ持っている病気によって、それぞれ降圧目標値は異なります。

日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会編「高血圧治療ガイドライン2009」より